紫外線を浴びる

季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、今までの膨大な研究により、予防効果が期待されるのは、接種のおよそ2週後から約5カ月くらいということが分かっています。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を助けるという特徴が知られていて、血液中の濃度を操作して、筋繊維の働きを適切に調節したり、骨を生成します。

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地上に届いたUV-B波 は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破損させるなど、皮ふに悪い影響をもたらしています。

お年寄りや病を持っている方は、一際肺炎を起こしやすく治療が長引く傾向にあるため、予防の徹底やスピーディな治療が大事です。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許切れの後に売られ、まったく同一の成分で金銭的な負荷の小さな(薬の価格の廉価な)後発医薬品です。