公正性

検察がそうした証拠を確保 したとは聞いていない。その上、産経支局長を起訴するというならば、「大統領の恋愛」をうんぬんした薛勲(ソル・フン)国会議員(新政治民主連合)も取り 調べないとバランスが取れない。

薛議員はおとがめなしで、産経支局長だけを起訴すれば公正性をめぐる論議は避けられない。  
それよりも国益という観点で損害が大きい。
当事者の産経新聞は今回の事件を大々的に報じ、 自衛隊員と結婚迫害されたメディアというイメージを演出している。
普段産経とはスタンスが正反対の朝日新聞も今回の問題に関しては韓国検察を批判し、産経を支持している。  実際に起訴となれば、日本国内の反韓の流れがさらに強まるのは明らかだ。国際世論も決して韓国に有利とはいえない。ジャーナリスト団体の「国境 なき記者団」は起訴に反対する声明を出した。国際社会は今回の事件を言論の自由の問題だと捉えている。ともすると、韓国は言論弾圧国だというイメージが生 じかねない。