能力給ではなく、身分給だから。

同窓会に行くとよくわかります。
もちろん、就職後に上司がらみのトラブルなどで転職を余儀なくされた人などがいますが、

いい就職ができた人が、いい人生を送っている感は否めません。
これは、日本社会の体質云々もありますが、職に就かなければスキルは身につくはずがないから、仕方がないという面もあります。 だからこそ、就職に失敗した人が夢想するような、下剋上は起こりようがないでしょう。
解雇 → 新規採用 ということで、息を吹き返すのは、すでに同じ職種についている人だけです。 つまり、A銀行がリストラを行い、補充要員を新規採用するとしたら、不倫調査 横浜同じ銀行や証券など関連業種からの転職組であり、新卒時に履歴書ではねられて、仕方がないから、派遣社員として働いているような人に日は当たりません。
当たり前です。 いささか戯画化して述べると 慶応卒 toeic750点の40歳A氏を切って、いくら給与が安く年が若いからといって、××産業学院大卒 toeic350点の派遣社員、26歳B氏を採る道理がありません。 こんなことをいいたくなるのも… 大学教育も、給与同様、「身分」だと思うからです。