ウィルス

耳の内部の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けられますが、この中耳のところに様々な細菌やウィルスなどがうつり、炎症が発生したり、体液が滞留する病気を中耳炎と呼びます。
栄養バランスのいい食生活や運動は当然ですが、心身双方の健康や美を目的とし、欲しい栄養を補うために色々な種類のサプリメントを摂取する行為が常識的になっています。
なんとなく「ストレス」は、「無くさなければいけない」「除外すべき」と判断しがちですが、実を言えば、人間は多種多様なストレスを受けているからこそ、生活し続けることに耐えられるのです。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側が狭まってしまって、血液の流れが止まって、酸素や大事な栄養を心筋に配達できず、筋繊維自体が壊滅状態になってしまう大変重い病気です。
肝臓を元気な状態にキープするためには、肝臓の解毒する作用が低下しないようにすること、とどのつまり、肝臓の老化対策を地道におこなうことが重要だと言われています。
前立腺という生殖器は生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密接に関わっていて、前立腺に発現してしまった癌も同様に、アンドロゲン、即ち男性ホルモンに影響されて大きくなってしまうのです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えてタバコを飲む事・アルコール類・体重過多等のライフスタイルの悪化、ストレス等によって、最近、日本人に増えつつある病気なのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったために、結果的に膵臓からはインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなって発病してしまうというタイプの糖尿病なのです。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関するその後の後追い調査の結果では、体の大きな成人に比べて若い子どものほうが漏れてしまった放射能の深刻なダメージをより受容しやすいことが分かります。
お酒に含まれるアルコールを無毒化する効果のあるナイアシンは、不快な二日酔いに大変有効です。ゆううつな宿酔の要因と考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質の分解にも関係しているのです。
ピリドキサールは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源を燃やすのに欠かせない回路へ組み込ませるため、より化学分解することを促す機能もあると言われています。
常在細菌のブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒力がきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けられます。
PC使用時の青っぽい光を低減させるレンズの付いた眼鏡が最も人気を集めている訳は、疲れ目の改善に多くの人々が惹かれているからだと考えることができます。
ばい菌やウィルスなどの病気を引き起こす病原微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺へ進入して罹患し、片方もしくは両方の肺が炎症反応を呈示している様子を「肺炎」と断定しています。
汗疱とは掌や足の裏、指の隙間などにブツブツの水疱がみられる皮膚病で、基本的にはあせもと言い、足裏に出ると足水虫と勘違いされることも多くあります。