ライフスタイル

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて煙草を飲む事・お酒・体重過多などのライフスタイルの悪化、ストレスなどに縁って、現在日本人に多く発生している病気だということができます。
人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分かれていますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスなどが付いて炎症が発症したり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼びます。
高齢化が原因の耳の聞こえ辛さでは少しずつ聴力が落ちていくものの、通常は還暦を過ぎないと聴力の悪さをきちんとは自覚できないものです。
もし婦人科の血液検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なくて早発閉経(そうはつへいけい)と判明した場合、足りない女性ホルモンを補ってあげる処置で緩和が期待できます。
ピリドキサミンは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝に欠かせない回路に取り込ませるためにもう一度クラッキングするのを助けるという作用もあると言われています。
開放骨折して酷く出血した時は、急激に血圧が降下して、目眩や冷や汗、吐き気、顔面蒼白、意識消失発作などの不快な脳貧血の症状が誘引されることがよくあります。
吐血と喀血は血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺を繋いでいる気道(呼吸器…respiratory system)から出血する状態で、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上部の消化管から血が出ることを示しています。
痩せたいがためにカロリー摂取を控える、ほとんど食べない、そのような生活のスタイルが必要な栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発する事は、盛んに問題視されていることです。
酒類に含まれるアルコールを分解する作用があるナイアシンは、不快な二日酔いに有効な成分です。辛い宿酔の誘引物質と考えられているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも力を発揮しているのです。
何かを食べる時は、次に食べたい物を気軽に口に運んで数十回噛んで後は飲み下すだけだが、その後身体はまことによく働き続けて食物を身体に取り入れるように努めているのだ。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が細くなってしまい、血流が途絶え、欠かせない酸素や栄養が心筋に送られず、筋肉細胞が壊死するという深刻な病気です。
インキンタムシ(陰金田虫)は比較的若い男性に多く確認され、よくあるパターンとしては股間の辺りだけに拡大し、激しい運動をしたり、お風呂上りなど身体が温まると強烈な痒みを起こします。
患者数が増加しているうつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足し、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、強い倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図などの深刻な症状が心身に現れるのです。
ハーバード大学医学部の研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上はカフェインレスのコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸ガン発生率を5割も減少させることができたのだ。
アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を悪化させたり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を体の内部で解毒し、肝臓の役割を促すような特徴が分かっているのです。