微増

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP等3種類の数値で分かりますが、特にここ数年肝機能が減衰している人の数が微増しているということが注目されています。
メタボリックシンドロームとは言われなかったとしても、内臓脂肪が多めに蓄積してしまう特性の肥満症を抱えてしまうことに縁り、様々な生活習慣病を誘引しやすくなります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最もよくある中耳炎で比較的小さな子供に多く発症します。強い耳の痛みや38度以上の高熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などの様々な症状が発生するのです。
子どもの耳管の構造は、大人と比較して太い上に長さがあまりなく、且つ水平に近いため、様々な菌が進入しやすくなっています。小さな子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、これが原因です。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横になっていても使うエネルギーのことで、大方を様々な骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費していると言われているようです。
通常の場合骨折を起こさない程の小さな圧力でも、骨の限定されたポイントだけに複数回にわたって次から次へと力が加わることで、骨折が生じることがあるので注意が必要です。
欧米諸国では、新しく開発された薬の特許が満了した約1ヶ月後、製薬市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に取って代わるという医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は各国で親しまれているという現実があります。
下腹部の疼痛がみられる代表的な疾患には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮の疾患などがまずみられます。
汗疱(かんぽう)とは主に掌や足裏、又は指と指の間などにプツプツとした小さな水疱がみられる皮膚病で、おおむねあせもと言われ、足裏に現れると水虫と勘違いされるケースが結構あります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは就寝中ではない状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために外せない理論上の最低限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
鍼を皮膚に刺してもらう、という物理的な程よい複数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名の要は電気信号伝達を誘引するという考えが浸透しています。
もう永久歯の周りの骨を浸食するまでに深刻になってしまった歯周病は、悲しいかな病状そのものが沈静化することがあっても、無くなった骨が元通りに復活することはまずありません。
衝突事故や屋根からの転落など、著しく大きな外力が身体にかかった場合は、複数の個所に骨折が発生してしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、さらに重症の時は臓器が損壊することもあり得ます。
痩身目的で摂取カロリーの総量を抑える、十分食事を食べない、といった暮らしが結果的に栄養をも不足させ、慢性の酷い冷え性をもたらしていることは、頻繁に言われていることです。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に欠かせない酵素や、細胞もしくは組織の生まれ変わりに深く関係する酵素など、200種類以上も存在する酵素の構成物質としてなくてはならないミネラルの一種なのです。