増加

日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caの吸収を促す作用で有名であり、血液中のCa濃度を操作して、筋繊維の活動を微調整したり、骨を生成したりしてくれます
AIDSというのはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の事であって、免疫不全となって些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症してしまう病状を指し示しています。
現在、若年層で長期間咳が続く結核に抗する免疫力(抵抗力)の無い人々が増加したことや、自己判断のために診断が遅れることが原因の集団感染や院内感染が増加傾向にあります。
前立腺は活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン)が密に関連していて、前立腺に現れたがんも同様、アンドロゲン、即ち男性ホルモンによって肥大化します。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の数値によって確認できますが、ここ2、3年肝機能が悪くなっている人の数が明らかに増えているとされています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、身体の中の脂肪が占有する比率を指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、kg)×100」という計算式によって表すことができます。
体脂肪の量は変化が見られず、体重が食事や排尿等により短時間で増減するようなケースでは、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が上がります。
普通では骨折を起こさない程の弱い力でも、骨の一定の個所だけに幾度も繰り返して継続的にかかることによって、骨折が起こってしまうことがあるので気を付けましょう。
軽傷の捻挫だと勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を施してからすぐに整形外科へ向かうことが、早く完治させる近道に繋がるのです。
吐血と喀血、両方とも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というのは咽頭から肺をつなぐ気道(呼吸器…respiratory system)からの出血のことで、吐血の方は十二指腸より上にある食道などの消化管から出血する病状を表しているのです。
ダイエットに勤しむあまりカロリー摂取を抑制する、食事をわざと残す、といった食生活を続けると栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を招くことは、何度も危惧されているのです。
高熱が特徴のインフルエンザに適応した予防するための方法や治療方法を含めたベーシックな措置は、それが例え季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザであっても一緒です。
環状紅斑(かんじょうこうはん)は輪状、要するに輪っかのようなまるい形状をした赤い色の発疹や湿疹など、皮ふ症状の総合的な病名であり、その素因はあまりにもいろいろだといえるでしょう。
音楽会やライブなどの開催される会場やクラブなどに備えられた巨大なスピーカーのすぐ近くで大きな音を浴び続けて難聴になってしまうことを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼ぶのです。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも症状が出ることがあるため珍しい心臓の病気ではないのですが、短い期間で発作が相次いで出るケースは危険なのです。