細菌

ポリフェノール最大の働きは水溶性であるビタミンCや脂溶性のトコフェロールなどとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化しにくくする効果があるのです。
黴菌やウィルスなどの病気を招く病原微生物が呼吸とともに肺に侵入して罹患してしまい、肺全体が炎症を起こしてしまっている状況を「肺炎」と呼ぶのです。
ヒトの耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けられますが、この中耳の辺りに細菌やウィルスが感染し、炎症がみられたり、液体が溜まる病を中耳炎と言うのです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、数日服薬すれば、大体、約90%の患者さんの自覚症状は無くなりますが、かといって食道の粘膜の傷みや炎症が引いたわけではないので注意が必要です。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を左右するβ細胞が破壊されてしまうことにより、結果的に膵臓からはほとんどインスリンが分泌されなくなり発症してしまうという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
「いつも時間に追われている」「面倒なお付き合いが嫌で仕方がない」「テクノロジーや情報の進歩に追いつけない」など、ストレスを受ける素因は人によって違うようです。
塩分と脂肪分の摂取過多は避けて簡単な運動を行い、ストレスの少ないような暮らしを意識することが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防する方法なのです。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は猛烈な腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに高熱も出るのが相違点です。
食べ過ぎ、肥満、運動不足、遺伝、心身のストレス、高齢化といった複数の素因が合わさると、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、オゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞の遺伝情報を破損させるなど、皮膚に悪い影響を与えることが明らかになっています。
日本における結核対策は、1951年に施行された「結核予防法」にならう形で行われてきましたが、半世紀が経過した2007年からは違う感染症とひとくくりにして「感染症法」という名称の法律に準拠して行われることとなりました。
フィトケミカル(phytochemical)の仲間のスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓に存在する解毒酵素の円滑な製造を支えているのではないかという事実が判明してきたのです。
AIDSというのはHIV(human immunodeficiency virus)の感染により罹患するウイルス感染症の病名であり、免疫不全を招き些細な病原体が原因の日和見感染や悪性腫瘍を複数発症してしまう病状そのものの事を称しているのです。
体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に役立つ糖質、人の細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、激しいダイエットではこの2種類に代表される体調を保障するために絶対に要る要素までも減少させてしまう。
肥満(obesity)の状態というのは言うまでもなく栄養バランスや食生活の質、運動不足が誘因ですが、量の変わらないごはんであれ、あっというまに終了する「早食い」をすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると考えられています。